オンラインdbマイグレーション

dbマイグレーションはデータベースシステムをオフラインで作業することが多いのですが、システムによっては稼働させながらデータベースの構造などを変更するdbマイグレーションも行われるケースがあります。

この場合、システム変更も同時に行われることは少ないですが、パフォーマンス改善のために行われることがあります。

また、利用はさせないが、データベースをオンラインのまま、ライブマイグレーションするケースも増えています。


同種のソフトウエアでさらにバージョンも同じ、もしくは対応データベースの場合はオンラインでdbマイグレーションをやることも可能になっています。ただし、著しくパフォーマンスが下がるケースが多いのでリードオンリーモードで作業をするにしても十分注意が必要となります。

オンラインでdbマイグレーションをやるメリットはシステムを止めずに行える以外に、ファイルのエクスポートが必要ないこと、また、データが巨大なためにそもそもエクスポートが難しいケースなどもあります。

OKWaveの情報を公開しています。

巨大なデータベースの場合は複数のデータベースサーバがあることが多いですが、その際もサーバを切り替えながら順次システム更新やデータベースシステムの更新が行われるケースが多いです。

ただし、データベースの列修正、スキーマ修正などがある場合は他のサーバで事前に作業テストも行ってから本番サーバで作業することが多いです。



また、クラスタリングされている場合はも同様です。

dbマイグレーション情報について詳しく解説しております。