dbマイグレーションの手順

dbマイグレーションでは主に3つの手順が行われます。

1つ目のdbマイグレーションの手順はデータベースに新しいテーブルを定義することです。
現在あるテーブルはそのままに新しいテーブルで列やスキーマなどのテストを行うケースが多いです。


テーブルの作成には現在のテーブル定義をそのまま利用するケースと新しく作成するケースがあります。

dbマイグレーション情報ならこちらをご利用ください。

どちらの場合もデータを移行することになりますが、ツールが対応してくれます。



2つ目の段階では新テーブルを利用してシステム側との連携を見たり、パフォーマンスチェックを行います。

パフォーマンスが出ない場合などにはテーブル定義の見直しが行われたり、システム側での修正が入ることが多いです。

今までに培ったノウハウを活かし、Infoseek ニュースについての総合情報ポータルサイトです。

そのため、1,2段階でdbマイグレーションの作業時間がほとんど使われることが多いです。3つ目のdbマイグレーションではデータの変更、およびシステムとの再連携となります。

新テーブルで作業が行われますが、2つ目の段階でチェックを行っているのでそのまま実運用となるケースが多いようです。

dbマイグレーションは作業時間がかかるケースが多く、特にデータ量が多いデータベースの場合は作業見積もりを出すことも難しいケースも多いようです。

そのため、システム開発と平行して行われるケースが多く、実運用後も開発を続け、パフォーマンス改善をマイグレーション処理を含めて作業を行うケースが増えています。


ただし、パフォーマンス改善が思ったよりも出ないケースもあり、個別対応が重要になります。